2018年08月02日

HP内にブログを組み込むことを目指しています。

こんにちは。
常務の佐藤です。




2013年から、このブログを続けてまいりましたが、ただいまHP内にブログを組み込むことを目指して更新中です。
やってみて難しい場合は、このブログに戻ってきますが、基本はHP内のブログをメインにやっていきますので、そっちのブログも覗いてみて頂けると嬉しいです。

このブログに関しては、どうしていくか検討中です。

佐藤工務店HP→http://satou-com10.net/
posted by 常務 at 15:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月18日

8月1日(水)SWキャンドルナイト2018&フォトコンテストのお知らせ

おはようございます。
常務の佐藤です。




本日は弊社も所属しているスーパーウォールビルダーズファミリーのイベント『スーパーウォールキャンドルナイト』についてお知らせさせて頂きます。

candlenight_2018_flyer_a_ebook_R.jpg




キャンドルナイトに参加して
子どもたちと地球の未来を
みんなで守りませんか?


キャンドルナイトとは?
住まいづくりを通じてエコな暮らしを提案する
スーパーウォールビルダーズファミリーが呼びかける
家族みんなで環境にやさしい暮らしを考えるイベントです。

参加は簡単です!
8月1日(水)よる8時から10時まで2時間
ご自宅のでんきを消して、キャンドルのあかりで過ごすことで
使うエネルギーを抑え、CO2を削減します。


なぜ、キャンドルナイトをするの?
スーパーウォールビルダーズファミリーは
ゼロエネルギー住宅や省エネルギー住宅に積極的に取り組み
環境負荷の少ない、エコな住まいを提案しています。

住まいの省エネ化だけでなく
家族みんなが環境を守る意識を持って暮らすことで
さらに地球環境にやさしい社会にしていきたい。
そのきっかけになればと考えています。

swbf_logo_02_R.jpg




ところでスーパーウォールビルダーズファミリーってなに?



すぐれた高気密・高断熱・高耐震性能をもつ
スーパーウォール工法によって住宅建築を行う、
全国規模のビルダー組織です。
スーパーウォール工法を通じて集う共同体として
お客様にご満足いただける家づくりのための
啓蒙イベント活動や勉強会などを行なっています。





キャンドルナイトの2時間家族で何しよう?
「おしゃべりしながら楽しいディナー」「絵本の読み聞かせ」
「学校で取り組んでいる環境活動のおはなし」など
それぞれのご家族が、キャンドルのあかりのもとで
素敵な時間をお過ごしください。

たった2時間でんきを消してキャンドルのあかりで過ごす
小さなアクションが環境を守ることにつながります。





キャンドルナイトフォトコンテストも開催します!
8月1日の夜、ご家族それぞれのイベントを記念写真にパチリ!
アットホームな写真、愉快な写真、アートな写真など
皆さまの作品をどしどしご応募ください。

素敵な賞品をご用意して、お持ちしています!
※詳しくは下記をご覧ください。

キャンドルナイトアンケート(編集済)_R.jpg


より多くの皆さまのご参加をスタッフ一同
こころよりお待ちしてます!

キャンドルナイトフォトコンテストについて
●応募方法
デジカメやスマホなどで撮影した写真に、参加した感想を添えてメールで送ってください。
送り先:satou35912@yahoo.co.jp

●商品
1位:商品券5000円分
2位:商品券3000円分
3位:商品券1000円分

●締切 2018年8月24日(金)



posted by 常務 at 07:00| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月05日

構造塾(1年目講座2回目)を受講して来ました。

おはようございます。
常務の佐藤です




7月4日に構造塾1年目講座の2回目を受講して来ました。
この日の内容は「長期優良住宅耐震等級設計のポイント」、「地盤調査」についてです。

IMGP8656_R.JPG




まず、長期優良住宅とは品質の良い住宅を建てて、定期的にメンテナンスをし、長く使いましょう。といった感じの制度です。
そのため、建築基準法より、省エネ、耐震、劣化対策などの性能向上を求められます。




そのうち今回は耐震についての内容です。
性能表示制度というものがあって、耐震等級1〜3まであります。
そのうち耐震等級1が建築基準法をクリアするくらいのもので、長期優良住宅は耐震等級2以上が求められます。
(ちなみに耐震等級3は、防災の拠点である消防署や警察署と同じくらいの強さをもった建物です。)

そして、建築基準法の確認申請時に必要とされている計算と耐震等級2以上では、耐震等級2以上の方が求められている計算も増えています。




IMGP8659_R.JPG

そのうちの一つが水平構面(床の強さ)です。
水平剛面がしっかりしているかどうかで、住宅の強さは変わりますが、耐震等級2以上をやったことのない方で、そのことをきちんと知っている方はおそらく少ないと思います。
強い地震が起こった後でも、普通に生活できる住宅を求めるのであれば、耐震等級2以上をやっている工務店に依頼するのが、いいと思います。




IMGP8661_R.JPG

また、地盤調査については、地盤調査会社さん、地盤補強会社さんがいることもあり、こちらもきちんと理解している方が少ないように感じます。
理解出来ていなくても、地盤調査、地盤補強の会社さんがしっかりしていれば大丈夫なのですが、何かあった場合に判断や指摘ができないというのも考えものなので、構造塾を通して、ちゃんと理解できるようにしたいと思います。




構造塾の佐藤先生は、「日本から地震で倒れる住宅をなくしたい。」という考えのもと、構造塾を行なっているようです。
佐藤工務店で建てる住宅も地震で倒れないものを建て続け、強い地震が起きてもビクともしない地域にしていけたらと思います。