2016年12月30日

河北新報広域交流版、100人メッセージに載せて頂きました

こんにちは。
常務の佐藤です。




12月29日に折り込まれた河北新報広域交流版の100人メッセージという企画に私も載せて頂きました。
載せて頂いたメッセージは『お客様・地域の幸せで豊かな暮らしのために』と書かせて頂きました。

RIMG5809_R.JPG

RIMG5812_R.JPG




以前に比べ、最近は会社の発展だけではなく、栗原やその周辺地域についても考えるようになってきました。
佐藤工務店での仕事がもっと地域の為にならないだろうか?と、いろいろ考えてみたり、建築の雑誌を読んでみると家づくりという仕事は考えていたより地域に貢献できる仕事だと考えるようになりました。




例えば、
なぜ家を建てるか?
「もっと暮らしを良くしたい。今より、さらに幸せで豊かな暮らしをしたい。」
こういったところが本質的な答えだと思います。
家づくりを通して、幸せで豊かな暮らしをしているご家族が増えていけば、相対的にその地域が幸せで豊かになるのではないかと思います。




もう少し具体的には、
断熱性に優れた家に住むと、ヒートショックによる健康被害のリスクが大幅に減少します。
脳や心臓の疾患で亡くなるリスクや後遺症のリスク、冷えによる循環器や呼吸器の病気のリスク、結露が原因のアトピーやアレルギーになるリスクがなくなるか、減少します。
特に体の弱い高齢の方や小さなお子さんには効果が出やすいと思います。
地域としては、元気な方が増え活気につながり、さらに医療費や介護費が抑えられます。




また別の角度では、宮城県が支払っているエネルギー輸入額は概算200億円と聞いたことがあります。
ざっくり、人口比率で栗原市のエネルギー輸入額を求めると5、6億円くらいになります。
栗原市の省エネ住宅やゼロエネルギー住宅の比率を多くすることが出来たら、栗原市が支払っているエネルギー輸入に関わるお金を数千万〜数億円減らすことが出来るかもしれませんし、何より少しでも良い環境を未来の子供たちに残すことが出来ます。




他の部分の経済面では、2015年の栗原市志波姫に記憶している範囲で15棟前後の家が建ちました。
そのうち10棟前後はハウスメーカーだったと記憶しています。
ローコスト、高級住宅のメーカーも建てていたので、ざっくり住宅1棟の平均が2500万円とすると10棟で2億5千万円。
ハウスメーカーの本社や支社は市外にあるので、栗原市の一地域である志波姫だけで2億5千万円のお金が市外に流れたことになります。この状況は2015年だけではないと思います。
その状況とは逆に地元の工務店が建てる家が多くなれば、それだけ栗原にお金が残ることになります。
そのお金は、工務店から地元の協力業者に流れて広がっていきます。




他には、コミュニティでも少し変わった役割を果たすことが出来るのではないかと考えています。
家づくりをするうえで、たくさんの協力業者さんやお客様とお付き合いをします。
具体的ではないのですが、工務店をハブにたくさんの協力業者さん、OBのお客様などのコミュニティを作ることが可能ではないかと考えております。
そのコミュニティで出来た人との付き合いが、さらに人生を豊かにしてくれたらと考えております。




そんなことも考えつつの『お客様・地域の幸せで豊かな暮らしのために』というメッセージでした。
これは現在の考えなので、間違っていれば直し、不足していれば付け足し、仕掛けや仕組みを作っていくつもりです。
佐藤工務店として、もっと地元に貢献できるような会社にしていきたいと考えております。




posted by 常務 at 17:24| Comment(0) | 思い、考え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月28日

寒くなってきました。ヒートショック、気をつけていますか?

こんにちは。
常務の佐藤です。




12月中旬くらいから本格的な寒さを感じることが多くなってきた感じがします。
また、寒くなるにつれて葬儀の看板を多く見るようになってきた気がします。
暖かい家に住んでいれば、そのうち何人の方が亡くならずにすんだのか?と考えることがあります。




ヒートショックという言葉を聞いたことがある方も多いかと思いますが、暖かい居間から寒い脱衣所や浴室に行くと部屋間の急激な温度差により脳や心臓の疾患が起こり、亡くなる方がおります。助かっても、高い割合で後遺症に悩まされるそうです。

SW231304W.jpg




脳や心臓の疾患が起こらなくても、「冷えは万病のもと」というように寒い家では体が冷え、免疫力が低下し病気になるリスクが高くなると言われています。




本当は新築やリフォームをして断熱の良い家に住んで頂けたらいいのですが、そう簡単ではないことも理解しています。
そういった場合、例えば窓からの冷気を防ぐためにプチプチのシートを貼ってみたり、脱衣所で暖房を使用してみたり、服を脱ぐ前に浴室の床にお湯をまいて温めたり、と出来るところから工夫してみてはいかがでしょうか?




今、読んで頂いたことに近いことが書いてある冊子があります。
マンガで分かりやすく書いてあり、良く出来ています。家づくりを考える前に読んで頂きたい内容になっています。
家づくりを考えている方、まだ考えていないけど興味のある方、部数に限りはありますが、連絡を頂けたら差し上げることが可能です。お申し付けて頂けたらと思います。

RIMG5808_R.JPG




この地域でヒートショックや冷えによって亡くなる方、住宅が原因で病気なる方を減らしていけるように、今後も活動していきたいと考えています。



posted by 常務 at 13:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月21日

平成28年〜平成29年冬季休暇のお知らせ

こんにちは。
常務の佐藤です。




本年も、皆様大変お世話になりました。
佐藤工務店は平成28年12月31日(土)〜平成29年1月6日(金)までを冬季休暇とさせて頂きます。




1月7日(土)から通常営業となりますので、宜しくお願い致します。
なお、お急ぎのご用命がございましたら、遠慮なくご連絡下さいますようお願い致します。




また、平成29年も宜しくお願い致します。
皆様が良いお年を迎えられるようお祈り申し上げます。


posted by 常務 at 14:41| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする