2017年03月29日

4月30日 かしこく建てるお金のはなし 住マイルFPセミナー開催のお知らせ

おはようございます。
常務の佐藤です。




4月30日(日)13:30から佐藤工務店にて『かしこく建てるお金のはなし 住マイルFPセミナー』を開催します。




今の収入で家を建てることが出来るのか知りたい、家づくりを考えているが返済していけるのか心配など、家づくりを考え始めるとお金に関する不安や疑問を抱える方が多いかと思います。
そういった方々の不安や疑問を解決する手助けになるような内容になっています。
ご興味のある方は、ぜひお申し込みの上、ご参加ください。

スライド1_R.JPG

スライド2_R.JPG

詳細は、
・4月30日(日)13時30分〜15時30分の2時間くらいを予定。
・予約制となっています。先着3組様まで。お早目にお申し込みください。
・開催場所:佐藤工務店(栗原市志波姫沼崎北曽根125)
・参加費:無料
ご参加のお申し込みは0228-25-3832 担当 佐藤博昭まで
メールでのお申し込みは 住所・お名前・参加人数・連絡先をご明記のうえ
satou35912@yahoo.co.jpまでお送りください。

※ブログ、Facebookページでも随時、情報を更新していきます。





下記リンク先に開催理由をもう少し詳しく書いています。ご参考にして頂けたらと思います。

http://satou-com10.seesaa.net/article/448432528.html




posted by 常務 at 06:00| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月27日

資金計画セミナーを通して、地域の方のお役に立てたら。

こんにちは。
常務の佐藤です。




1、2年前の新聞記事に、栗原市の平均年収は宮城県内の市の中で2番目に低いということが掲載されていたそうです。
先日、気になってインターネットで調べてみた結果、栗原市は2015年宮城県内の35市町村中、27番目でした。市としては1番年収が低いようです。




都市部に比べて、なんとなく栗原市の平均年収が高いとは思っていませんでしたが、年収の高くない地域で、多くの方にとって人生で1番高い買い物の家を建てるのは、大変なことだと改めて感じました。




収入が多くないことで家づくりを迷っている、
建設資金が多くないので性能などを下げようと考えている、
住宅ローンを借りても長い年月のなか返していけるかどうかが心配などなど、様々なお悩みを持っている方が多いかと考えられます。




現在、そういったお悩みを解決するヒントになればと資金計画セミナーを定期的に開催していこうと考えています。

スライド1_R.JPG




ほとんどの方にとって、一生に一度の家づくりを後悔せずに満足するものにし、良い家を建てて頂く為に、まずは資金計画で皆様のお役に立てるのではないかと考えました。
セミナーでは、お金の話はもちろん、どういった家を建てると家計に負担が少ないかなどをお話させて頂こうと考えています。




まずは、4月30日に開催する予定です。
ご興味のある方はお申し込みの上、ぜひご参加ください。
ご興味を持っていそうなお知り合いがいらっしゃいましたら、ぜひお伝えください。
参加される方のお困り事を解決出来る内容になっていると思います。




まずは開催理由を知って頂けたらと考え、今回の更新となりました。
近々、ご案内の記事をアップします。




posted by 常務 at 13:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月25日

フラット35について学びました

こんにちは。
常務の佐藤です。




先日の宮城SW会定例会に金融機関の方がいらっしゃって、フラット35についてお話して頂きました。
その中から家づくりをする際にお役に立ちそうなところを書いていきたいと思います。

RIMG6379_R.JPG




テレビCM等で聞いたことがある方もいると思いますが、フラット35とは35年間ずっと同じ金利(固定金利)の住宅ローンです。
変動金利や期間選択型の固定金利に比べて金利が高いのですが、金利上昇の不安を抱えることなく35年間の返済プランが立てやすいのが特徴です。
金利が高いと申しましたが、2017年3月現在も金利が低水準なので、以前ほど金利差を感じないかと思います。




他にフラット35の特長として、
1、お申し込み可能な方の幅が広がります。
フラット35は、勤続1年未満、パート、派遣社員、団信不可(持病)など、銀行では難しいと言われる幅広いライフスタイルの方々のお申し込みが可能となっています。


2、借入可能金額が増え、プランニングの自由度が高くなります。
フラット35は一般的な銀行よりも審査金利が低く、金利変動リスクがないため、同じ年収であっても、銀行に比べて借入可能金額が大きくなる傾向にあります。




フラット35の上手な活用方法として、
夫婦の収入を合算してお申し込みをしたり、親子リレーという方法、太陽光発電収入を年収に加算する方法等を学びました。




詳しくは4月30日(日)に資金計画セミナーを行なう予定なので、その際にお話させて頂こうと考えております。
聞いてみたいけど、4月30日(日)にご予定のある方は個別の対応もさせて頂きますので、ご連絡頂けたらと思います。