2018年05月15日

山形 モデルハウス視察

おはようございます。
常務の佐藤です。




5月1日(火)に山形SW会の櫻井建設様へモデルハウスの視察に行って来ました。




今回、櫻井建設様のモデルハウスは、著名建築家と作る家づくり「BDAC=style」で作られています。
建築家 奥野公章氏によるパッシブデザイン+HEAT20G2という最高水準の高性能と、ゼロエネルギーハウス(ZEH)を達成しており、デザイン+高性能となっております。





まず、山形のLIXILショールームに集合し、そこからモデルハウスに移動しました。





RIMG7942_R.JPG

外観はこんな感じです。
もっといい角度があったのですが、上手く撮れてなかったです。




RIMG7937_R.JPG

少しアップした写真です。
青い外壁はガルバリウム鋼板、白い部分はちょっと変わった左官の外壁、あと木という組み合わせです。




RIMG7883_R.JPG

RIMG7884_R.JPG

やっぱり植栽があると、雰囲気が良くなります。





RIMG7890_R.JPG

LDKです。
当日は宮城、山形、福島、南三県のSW会のメンバーが見学させて頂きました。




RIMG7900_R.JPG

RIMG7906_R.JPG

流し裏の収納。
収納の脇には、家事用の机が作られています。




RIMG7930_R.JPG

階段を上がり、吹き抜け前には机が作られており、この机でお子さんたちが勉強します。




RIMG7922_R.JPG

コンパクトな寝室とクローゼットが設置されています。
あまり狭さを感じませんでした。





コンパクトな間取りにすると、ここまでの高性能とデザインがこの値段で手に入るという住宅になっているようです。





一通り見学した後は、LIXILショールームに戻り、コンセプトなどをお話頂き、質問タイムという流れでした。




RIMG7951_R.JPG

RIMG7956_R.JPG

改めて、「BDAC=style」についても触れられました。
栗原にもああいったカッコイイ住宅を建てていきたいと感じました。
その為には、HPに「BDAC=style」のページを早く設けたり、今、勉強していることを上手く表現したり、提案していかなければ。




質問タイム後は、会場を移し、懇親会でした。
懇親会でも家づくりの話がメインで、山形、福島の工務店さんから、沢山学ばせて頂きました。




せっかく学んできたので、今後、栗原での家づくりに活かしていきたいと思います。