2017年03月25日

フラット35について学びました

こんにちは。
常務の佐藤です。




先日の宮城SW会定例会に金融機関の方がいらっしゃって、フラット35についてお話して頂きました。
その中から家づくりをする際にお役に立ちそうなところを書いていきたいと思います。

RIMG6379_R.JPG




テレビCM等で聞いたことがある方もいると思いますが、フラット35とは35年間ずっと同じ金利(固定金利)の住宅ローンです。
変動金利や期間選択型の固定金利に比べて金利が高いのですが、金利上昇の不安を抱えることなく35年間の返済プランが立てやすいのが特徴です。
金利が高いと申しましたが、2017年3月現在も金利が低水準なので、以前ほど金利差を感じないかと思います。




他にフラット35の特長として、
1、お申し込み可能な方の幅が広がります。
フラット35は、勤続1年未満、パート、派遣社員、団信不可(持病)など、銀行では難しいと言われる幅広いライフスタイルの方々のお申し込みが可能となっています。


2、借入可能金額が増え、プランニングの自由度が高くなります。
フラット35は一般的な銀行よりも審査金利が低く、金利変動リスクがないため、同じ年収であっても、銀行に比べて借入可能金額が大きくなる傾向にあります。




フラット35の上手な活用方法として、
夫婦の収入を合算してお申し込みをしたり、親子リレーという方法、太陽光発電収入を年収に加算する方法等を学びました。




詳しくは4月30日(日)に資金計画セミナーを行なう予定なので、その際にお話させて頂こうと考えております。
聞いてみたいけど、4月30日(日)にご予定のある方は個別の対応もさせて頂きますので、ご連絡頂けたらと思います。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: