2017年05月26日

2017年全国SW会年次大会に参加

こんにちは。
常務の佐藤です。




5月24日に東京で行なわれた全国SW会年次大会に参加して来ました。
年次大会ではSWチャレンジコンテスト2016の表彰式、チャレンジコンテストで表彰されたビルダーさんの事例発表、LIXILさんの報告などが行われました。


RIMG6515_R.JPG




残念ながら宮城はチャレンジコンテストの表彰対象ではなかったのですが、岩手がBグループ2位となりました。
他には累計棟数大台達成記念楯贈呈では、宮城から1社、東北からは計4社が贈呈されていました。
表彰・贈呈されることが目的ではありませんが、家づくりを通じて栗原の沢山のお客様に幸せで豊かな暮らしを提供し続け、その結果、表彰・贈呈して頂けるように頑張りたいと思います。




ビルダー様の事例発表では、沢山の学びを頂け、佐藤工務店でも行動に移せそうなものがいくつかあったので、真似させて頂こうと思います。
そのなかで、1つお客様向けのセミナーについての面白いものがあったので、今年どこかで開催したいと考えています。




ここからはLIXILさんの報告を少しだけ写真を交えながら、アップします。

RIMG6516_R.JPG

新築着工棟数が減少しているなか、SW会全体としては成長を続けています。




RIMG6523_R.JPG

ハウスオブザイヤー9年連続受賞、SW DUALを用いた住宅つくりサポートシステムが省エネ大賞を受賞し、国土交通省の先導事業が採択されたりと外部から多数の評価を頂きました。




RIMG6525_R.JPG

平常時は断熱により健康を高め、災害時には耐震等級3+制振性能が命を守り、災害後の生活をサポートをする、佐藤工務店でも行なっていきたい家づくりです。




RIMG6600_R.JPG

CMなどでも流れ、少しずつ聞くようになってきたZEH。
佐藤工務店も目指すところは同じで、住宅の省エネルギーだけではなく、健康快適な住まいを実現させていきます。




LIXILさんでは、『みんなにトイレをプロジェクト』というのを行なっています。
世界では、きれいなトイレが不足していて、不衛生により1日800人の方が亡くなっているそうです。
LIXILさんのシャワートイレが売れるにつき、途上国に安価できれいなトイレを設置する活動をしているということを知りました。
同じような性能と値段なら、LIXILさんのトイレを使いたい理由が出来ました。




たった1泊2日ではありますが、沢山の学びと刺激を得てきました。
学んで終わりではなく、きちんと行動して、お客様や地域に還元していきたいと考えています。



posted by 常務 at 14:33| Comment(0) | SW会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

宮城SW会3月定例会に参加して

こんばんは。
常務の佐藤です。




3月22日に行なわれた宮城SW会定例会に参加して来ました。

RIMG6339_R.JPG




当日は東北SW会の集い、TRETTIO東北ブロック会、広島のビルダー様視察の報告。
性能強化(断熱・気密)や住宅ローンについての学びなどが行われました。

※TRETTIO東北ブロック会については3月1日の記事をお読みください。
http://satou-com10.seesaa.net/article/447491859.html




性能強化(断熱・気密)については、新入会員もいるので確認に近い内容でした。
下記が内容の一部です。

RIMG6343_R.JPG

気密が悪いと漏気量が多くなり、特に暖房を使用する時期が問題になります。
断熱性能を高く設計して、施工を行なっても気密が悪いと高い断熱性能をフルに発揮できません。




例として、
計算上のQ値(断熱性能)が1.6の場合、漏気を考慮すると、
C値(気密性能)が1の場合の実質Q値が1.68、
C値が5の場合の実質Q値が1.94となり、
断熱材グラスウール16Kに置き換えると壁80mm分の違いになるとのこと。

※Q値もC値も低い値の方が良い性能になります。




これは、すごい違いなのですが、現在の基準では気密測定は義務ではありません。
少し古い情報かと思うのですが、ハウスメーカーですら気密測定を行なっているところの方が少ないようです。

RIMG6349_R.JPG



ちなみに佐藤工務店では、SW工法の物件は全て気密測定を行なっており、ちゃんと気密性能が良い状態になっているか確認しています。
SW工法ではC値は1以下にする決まりがあり、実際はもっと良い値にするよう実践と改善を繰り返しております。




RIMG6350_R.JPG

その後、事例を交えて、気密性能をより良くする施工方法を学びました。
さっそく次の物件から行なっていきたいと思います。




住宅ローンについては、フラット35のメリットや上手な活用方法などを学びました。
中身については長くなるので、後日ふれたいと思います。




今回の宮城SW会も実務に役立つ内容がいくつも含まれていました。
きちんと活用し、お客様に還元できるようにしていきたいと思います。



posted by 常務 at 22:23| Comment(0) | SW会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

宮城SW会2月定例会に参加して

こんばんは。
常務の佐藤です。




開催から少し時間が経ってしまいましたが、2月上旬に宮城SW会2月定例会が行なわれ、参加して来ました。
今月は東北SW会会長会報告、カネキ様訪問研修会振り返り、地域グリーン化報告、性能強化(断熱・耐震)、自社ツール紹介、各種検討・連絡などについて報告・話し合いが行われました。




どういった感じかを全て紹介すると長くなるので、部分的に紹介させて頂きます。
まずはカネキ様訪問研修会振り返り。
1月21日(土)、22日(日)に岩手県二戸市のカネキ・パンダホーム様を宮城SW会として視察させて頂いた時の振り返りを一人一人報告し合いました。
こちらに関しては、以前、ブログに投稿した記事があるので、そちらをご確認して頂くと分かりやすいかと思います。
(リンク先→http://satou-com10.seesaa.net/article/446301072.html

RIMG5866_R.JPG

(視察時の岩手県二戸市の様子。)




続いて性能強化(断熱・耐震)。こちらは特に耐震が勉強になりました。
今、工事に向けて進めているお宅が耐震等級3(耐震に関する基準の最高等級)で申請しており、基礎や床倍率の疑問点がクリアになったのが、私の中でかなり大きかったです。




地震が起きた際、栗原市は周辺地域に比べて震度が大きいことが多いので、今後は積極的に耐震等級3に取り組んでいくことを考えています。
そういった意味でも疑問点が解決できて、今後取り組みやすくなりました。




他には自社ツール紹介では、各社の取り組みについても紹介しあいました。
普通はそれぞれ手の内を晒すのを嫌がりますが、SW会の良いところはそれがなく、各社の成長の為に情報を共有し合っています。
実際に行なっていることを共有しているので、それが一番勉強になっていますし、今回もこれからの活動の中でお客様の役に立つ情報を仕入れることが出来たので、今後役立てていきます。




2月定例会は全体を通して参考になる部分が多く、充実した時間になりました。




posted by 常務 at 20:33| Comment(0) | SW会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする