2017年12月12日

SY様邸 外装工事

こんばんは。
常務の佐藤です。




今回は栗原市志波姫、SY様邸の外装工事についてアップします。
SY様邸の大部分の外壁はガルバリウム鋼板を使用しています。




RIMG7045_R.JPG

RIMG7056_R.JPG

ガルバリウム鋼板を縦張りする場合は、外部胴縁を通気層をとった状態で横に流します。
その上にガルバリウム鋼板を張っていきます。




RIMG7157_R.JPG

RIMG7162_R.JPG

正面は白いガルバリウム鋼板を張っています。
外壁を張り終わったら、軒天のケイ酸カルシウム板に塗装をしていきます。




RIMG7234_R.JPG

足場上で行なう作業が全て完了し、その確認を行なった後に足場を解体します。
その後、外構周りの工事に移っていきます。




posted by 常務 at 22:28| Comment(0) | 2017年着工 SY様邸新築工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月28日

住まいる栗原シェアリングタウン(高清水)を見て、感じたこと

こんばんは。
常務の佐藤です。




先日、土地をお探しなっていたお客様にご紹介した『住まいる栗原シェアリングタウン』の分譲地を短時間でしたが、見てきました。
高清水の分譲地で9区画のうち、残り1区画となっており、次回の3次募集(平成29年4月3日)からは市内の方も応募が出来るようです。

(栗原市の住まい関係のページ→http://www.kurihara-tju.jp/index.cfm/6,html




20171012-101631.png

残っている1区画は、289.25u(87.50坪)、2,026,000円で坪23,000円ちょっとという価格です。




RIMG7416_R.JPG

この区画の南側には、もうすでに住宅が建っており、その住宅も50cm以上高い地盤から建っているので、区画に広がる影が気になりました。(写真を撮ったのは夕方です。)
ざっくりした日影図(時間毎の影を確認する図面)を書き、シミュレーションしてみましたが、1階部分は日が当たりにくいので、長くいるであろうLDK上に吹き抜けを設けて2階から光を取り込んでみたり、2階にLDKを持ってくるなどの工夫が必要だと感じました。




RIMG7417_R.JPG

反対に区画の北側は田んぼが広がり、季節ごとの景色が楽しめそうなので、断熱性の高い大きめの窓を設けて、眺められるプランニングが面白いと感じました。




あと、景観を良くする意味でも、外の視線からゆるく目隠しする意味でも植栽があった方が、と思いました。
この区画を見てきたら、いくつか面白そうなイメージが浮かんだので、後でプランニングをしてみようと思いました。




posted by 常務 at 17:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月25日

SY様邸 内装工事

こんにちは。
常務の佐藤です。



前回のSY様邸の記事に引き続き、今回は内装工事についてアップしました。




RIMG7024_R.JPG

床下地の上にフローリングを張っていきます。
張りながら、養生シートも張っていきます。さらに薄ベニヤも張って、後工事で傷が付かないようにします。




RIMG7026_R.JPG

エアコンの下地にコンパネを張っています。




RIMG7025_R.JPG

RIMG7154_R.JPG

RIMG7037_R.JPG

今回はいつもより長い石膏ボードを張るために、壁の石膏ボードを先に張っています。
その後、天井下地を組み、石膏ボードを張り、天井廻り縁や巾木を取り付けていきます。




RIMG7140_R.JPG

RIMG7147_R.JPG

ボードのジョイントにひび割れ防止用のテープを張り、下地処理を行ないます。




RIMG7150_R.JPG

RIMG7158_R.JPG

RIMG7160_R.JPG

SY様邸では、壁・天井は左官屋さんにより、塗り壁です。




RIMG7164_R.JPG

こちらの部屋では、アクセントにエコカラットを張っています。




RIMG7165_R.JPG

こちらの天井は、左官屋さんのアイデアで2色を塗り重ねて仕上げています。
今回は白と茶系ですが、例えば白と青系で青空を表現したり、といろいろな表現が出来そうです。




RIMG7239_R.JPG

リビングのテレビボードです。




RIMG7321_R.JPG

取り付けると、このようになります。




RIMG7318_R.JPG

リビングには、作業用の机も作っています。




RIMG7320_R.JPG

キッチンの食器棚兼食品庫です。
ちょっと手間が掛かりました。




RIMG7319_R.JPG

戸を閉めると中を隠せるので、片付いている印象を受けると思います。




以上、SY様邸の内装工事でした。




posted by 常務 at 10:52| Comment(0) | 2017年着工 SY様邸新築工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする